×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

法定点検

建物に設置されている消防用設備や防火設備等は、その性能を維持するために、定期的に点検や調査を行うことが、法令で定められています。
私達は、有資格者が点検を行い、設備の機能と安心を守るため、皆様のお役に立ちたいと願っています。

消防法による定期点検

消防用設備 点検報告

消防・防災設備は日常的に使用する設備ではありませんが、万が一の時に確実に作動するために、定期的な保守点検が消防法により定められています。
私達は、消防用設備の点検を行うだけではなく、点検した設備に不具合がある場合には改修まで行い、消防用設備の維持管理のお手伝いを行います。

防火対象物 点検報告

消防法で指定された防火対象物(消防法の規制のかかる建物など)のうち一定のものは、防火管理の状況を一年に一回、点検して消防機関へ報告することとなっています。

防災管理 点検報告

平成21年6月1日より、新たに一定規模以上の大規模建築物などについては、防災管理業務の状況を一年に一回、点検して消防機関へ報告することとなりました。

建築基準法による点検

1. 建築設備 定期検査報告

特殊建築物などは、一度火災による災害が発生すると大惨事につながるおそれがあります。そのため、特殊建築物の建築設備の維持保全を適切に行うため、その外観および性能などについて定期的に検査を行い、所轄官庁に報告をすることとなっています。その状況を把握することによって、災害の発生を未然に防ごうとするものです。

2. 防火設備 定期検査報告

防火扉・防火シャッター・耐火クロススクリーン・ドレンチャー設備について、火災事故などの万が一の際に重要な設備で、防火設備の維持管理を強化する目的で、建築基準法の定期報告制度に新たに追加されました。

作業の流れ