×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  消防用設備の設計・施工・保守

消防用設備の設計・施工・保守

消防用設備設計・施工・保守について

消防用設備設計・施工・保守について

消防・防災設備は、建物の用途や規模によって消防法でその設置が義務付けられていますが、目的に応じて様々な種類があります。
設置に当たっては、最初に計画する時に単に消防法をクリアーするためだけの設備ではなく、建物の用途や規模に合った設備、非常時に操作される方がスムーズに操作でき、かつ有効に作動する設備を選定することが、長くお使いいただく設備には非常に重要であると考えています。
私達は、多くのお客様とともに築きあげた実績をもとに、最適な設備を提案し施工いたします。

消防用設備の設計

消防用設備の設計

建築物の構造や利用用途に応じた最適な消防用設備の設計を行います。予算との兼ね合いがある場合については優先順位を明確にし、最低限の設備についての案内や、より安全性を高める設備についてもご提案差し上げます。

消防用設備の施工

消防用設備の施工

新規の建築については他の業者様との連携をしっかりとり、スムーズな施工を行います。稼働中の設備についてはできるだけ業務の妨げにならないよう、事前の打ち合わせを綿密に行い工事の時間帯や施工の順番を組み上げます。

消防用設備の保守

消防用設備の保守

既存の設備の保守、点検を行います。古くなった部品の交換や修理、老朽化した設備については最新の設備やコストに見合った新型の設備に交換します。システム全体が古くなっている場合には今後の保守費用との兼ね合いも考えた上での総入れ替えの提案も行います。

作業の流れ

消防用設備の種類

消火設備

■屋内消火栓設備
■屋外消火栓設備

■泡消火設備
泡消火設備は、消防法などの技術基準に基づいて設置され、駐車場、自動車整備工場、航空機格納庫、準危険物、特殊可燃物の貯蔵、取扱所などの防護に用いられています。

■粉末消火設備
粉末消火薬剤は火焔に放射すると、熱分解し発生した二酸化炭素の窒息効果と熱分解による冷却効果、燃焼の連鎖反応を阻止する負触媒効果などの複合作用により消火します。

■スプリンクラー消火設備
■特定小規模施設向けスプリンクラー設備
■ハロゲン化物消火設備
■二酸化炭素消火設備
■不活性ガス消火設備
■水噴霧消火設備
■動力消防ポンプ設備
■パッケージ消火設備
■厨房用フード・ダクト消火設備

警報設備

■自動火災報知設備

■消防へ通報する火災通報装置

■非常警報設備
■非常放送設備
■ガス漏れ火災警報設備
■漏電火災警報器

■防排煙連動制御設備

避難設備

■救助袋
(垂直式・斜降式)

■緩降機
安定した状態とスピードで、手を使わず降下できます。軽量・コンパクトなケースで旅行などの携帯にも便利、装着も簡単です。

■避難ハッチ・避難はしご
■避難用すべり台
■誘導灯・誘導標識

消火活動上必要な設備

■消防用水

■連結散水設備

■連結送水管